サンプルキット

タタキバインドのサンプルは14センチ丸のケースに入っています。

標準色のTB-1とTB-2の2色・2パターン(A配合・B配合)を用意しています。

特注色TB-3・TB-4は多少お時間をいただく場合があります。

 

カタログ・施工マニュアルはHPよりダウンロードできますが、必要の場合はお申し付けください。

尚、1社様2セットまで無償にてお送りいたします。(3セット以上は有料にて申受けます)

 

【ご提供について】

伝統の三和土「タタキバインド」を実際にお試しください。

お申込みはお電話または、下記メールより承ります

 


サンプルキットお申込

メモ: * は入力必須項目です

サンプルセットの使用方法

  1. サンプルキットは、付属の円形サンプルケースの中に収まる量が梱包されています。
  2. 材料の入っているビニールの中に、硅砂と玉石を入れ、手で軽く外からゆするように混ぜて下さい。
  3. 次にタタキバインドを2回くらいに分けて入れ、よく手で袋を撹拌します。
  4. 水量計のラインまでの水を8分目くらい入れ、よく揉んで下さい。 柔らかくなりすぎないように、残りの水で調整しながら、袋をもんで撹拌して下さい。 袋の隅が混ざり難いので、注意しながら練残しのないように混ぜます。
  5. 練った材料をサンプルケースに入れ、鏝で平らに均してください。水が引き始めましたら、再度鏝で平らにならしてください。 追っかけで表面処理剤を均一にたっぷりと散布します。 
  6. 4~5時間後、表面が乾燥状態になってから、表層を掻き落としてください。 市販の小判型ワイヤブラシまたはマジックロンの#120を使い、表面をごく軽くこするように ブラシをあてる。 表面の砂やほこりを掃い、水を軽く含ませたスポンジで表面を掃けば、出来上がりです。
小判型ワイヤブラシ マジックロン#120
小判型ワイヤブラシ マジックロン#120
  • ポイントは表層の搔き落としです。表面が乾燥しすぎると、硬くなり搔き落とせません。柔らかいと深く削れてしまい ます。表層がポロポロし中が硬く締まった状態がベストです。
  • 玉石・玉砂利は、地元産を使って頂いても結構です。
  • その他、ご要望がございましたら、ご相談に応じます。